• WEB予約(初診のみ)
  • 042-850-7871

小児歯科

小児歯科とは

大切なお子様の歯を守る

子供の歯は大人になったときの歯並びに大きく影響します。また、顎の骨の成長をコントロールすることによって大人になってから外科手術をせずに綺麗な歯並びになる可能性が高まります。

子供の時から歯の大切さを学ぶことによって大人になっても歯を大切にする習慣が身につきます。当院では虫歯だけでなく、予防処置・歯並びも見ていきます。

「歯医者さんにまた行きたい!」と
思ってもらえるように

当院では、嫌がる子にムリな治療はいたしません。子どもの頃に歯医者嫌いになってしまうと、その子の将来的なお口トラブルのリスクを高めてしまう結果となるからです。
まえだ歯科では、子どもが大好きなスタッフが優しく丁寧に対応していきます。

また、前田院長はファミリーが多数訪れる歯科医院に勤めていた経験もあり、子どもへの診療の実績も豊富です。お子様の将来を見据えて、笑顔で帰っていただくことをモットーに、その子にぴったりの方法で治療を進めてまいります。

楽しいキッズスペース

小さなお子様が診療前に不安な気持ちにならないよう、またお付き添いでいらしたお子様が退屈しないようにと、当クリニックでは楽しいキッズスペースを設置。お子様が楽しんで通えるような環境づくりに努めてまいります。

小児矯正の重要性について

体の成長や永久歯を導く大切な役割を持つ乳歯。
食べ物を咬むことや咀しゃくすることは、顔ぼうや顎の発育を助けます。食べ物をしっかり食べるためには、健康な歯であることがとても大切です。食べることで体は大きく丈夫になりますし、逆にもし噛み合わなければ顎は発達せず、歯並びや咬み合わせはどんどん悪化してしまいます。

歯並びの乱れは、全身の発育や健康にも影響していくものですので、子供の一生を左右する歯並び問題にはなるべく早い段階での解決してあげましょう。

なぜ乳歯は虫歯になりやすいのか?

乳歯は歯列がでこぼこしていて、うまく歯磨きしにくいためむし歯の予防処置当院では以下の予防処置も行っています。

  • 乳歯は永久歯と比べると、エナメル質と象牙質が半分程度の厚さしかないため
  • 哺乳瓶やお菓子を与えることが多いと、口の中に糖がある状態が長くなるため
  • 乳歯は歯と歯の間にものがはさまりやすいため

虫歯治療について

乳歯虫歯になりやすい所は歯と歯の間と咬む面の溝(咬合面)です。とくに歯の間は見た目にわかりずらく、気がついた時にはかなり大きな虫歯になっている事がよくあります。初期虫歯では白い事が多く、咬む面でも見た目にわからない事もよくあります。

虫歯が進行し神経にまで達してしまうと永久歯にも影響を与えてしまうため、できる限り早めの診療をお勧めします。

フッ素の塗布

虫歯菌の働きを抑える

フッ素には歯の質を強くし、虫歯菌の働きを抑える効果があります。フッ素を定期的に歯の表面に塗布することで、虫歯になりにくい歯を育てていきます。

シーラント処置

虫歯菌を入れ込まない

歯には複雑で細かい溝があり、特に奥歯は歯磨きをしても汚れを完全に取り除くのが困難です。そこで溝の中に虫歯菌が入り込まないように、溝の部分をプラスチックで塞いで虫歯予防をします。

お気軽にお尋ねください

お口のお悩みはご相談ください

正確な診断・診査を行い、最大限の治療を提供できるように心がけています。また、患者様が安心して通っていただけるような明るい院内雰囲気・環境を設けております。お口のお悩みを抱えている方はまずはお気軽にご相談ください。丁寧な治療説明・カウンセリングを通してベストな歯科医療を提供いたします。

診療メニューを見る
診療時間
10:00~19:00 -

休診日:水曜
※祝日の診療時間は土日と同じです。

〒194-8589
東京都町田市鶴間3丁目3-1 グランベリーパーク ステーションコート2階
『南町田グランベリーパーク駅』より徒歩0分

042-850-7871